白髪染めは髪と頭皮のことを考えてすると良い?

白髪は隠したいけど、でも髪の傷みや頭皮へのダメージは気になるという人もいるのではないでしょうか?白髪というのは、知らず知らずに生えてきて、いつの間にか目立つ様になってしまいますよね。

しかも何歳から出るというのではなく、60代になってもほとんどない人もいれば、20代なのに目立ち始めたという人もいる様で、やはり若いうちは白髪があると人に指摘されることもあるので、気に掛けている人も多いですよね。

そんな気になる白髪は白髪染めをすれば、きれいに白髪を隠すことができるのですが、白髪染めといえば、お洒落染めと同じ様な仕組みで髪を染めるので、髪はぱさついてしまったり、頭皮にトラブルがあったりということも心配になりますよね。

白髪染めというのは、もともと弱酸性の髪をアルカリ剤でキューティクルを開き、酸化染料を髪の中に浸透させて、酸化剤で髪の中に酸素を発生、染料と酸素が結合して髪が染まるという仕組みになっています。

この弱酸性の髪をアルカリ性にすることで、髪は保水力を失いぱさつきがちになったり、酸化染料に含まれるジアミン系の成分で頭皮にダメージを与えてしまうのです。

時々、白髪染めをするというくらいの間隔で良いのならいいのですが、髪の毛はどんどん伸びてくるものだし、知らずに白髪が増えてきてしまうということもあります。

白髪が髪の表面に特に多い人は、かなり短いスパンで染める必要がでてくるので髪と頭皮へのダメージが気になるので、染めるのに消極的だという人もいる様です。

▼合わせて読みたい…http://guide-loi-chatel.com/